1. TOP
  2. 毛深い女の脱毛方法
  3. 毛が濃い女性に最適な処理方法は?自宅でキレイに仕上げるならコレ!

毛が濃い女性に最適な処理方法は?自宅でキレイに仕上げるならコレ!

 2020/01/06 毛深い女の脱毛方法  

この記事では、体毛の濃い女性に最適な自宅でできる処理方法をご紹介しています。

  • カミソリで剃ってもすぐに生えてくる。
  • 肌を傷めずに濃いムダ毛を処理したい。
  • 面倒なムダ毛処理の回数を減らしたい。

そんなお悩みのある方に向け、体毛が濃い女代表の筆者が脱毛サロンに行く時間やお金がないときにやっている「毛が濃い女性にオススメの処理方法」を伝授します!

明日デートなのにムダ毛処理ができてない…。という方も是非この方法を試してみてくださいね。

毛が濃い女性に最適な処理方法は?

自宅でムダ毛を処理する方法には、カミソリ・電気シェーバー・除毛剤・ブラジリアンワックス・家庭用脱毛器・豆乳ローションなどがあります。

この中で体毛が濃い女性に一番最適なのは「家庭用脱毛器」です。

近年では、家庭用脱毛器でも照射力のある製品が登場しているため、エステに通うのと同じくらいキレイに仕上がりますし他人に見られることがないためストレスもありません。

ただ、家庭用脱毛器は、価格がそれなりにしますし(5~10万円程度)時間もかかるため、デート前などの緊急時には向いていません。

そこで、時間がかからず誰でも手軽にできる処理方法としてオススメしたいのが、「電気シェーバー + 豆乳ローション」。

ナゼこの方法がオススメなのかというと、肌を傷めずに濃い毛を処理しキレイになった状態を長くキープできるからです。

また、この方法は続けるうちにだんだん生えてくる毛そのものが薄くなってくるという、毛の濃さに悩んでいる女性にとっては見逃せないメリットもあるんですよ!

個人的には第一段階の毛の処理には、肌を傷める心配のない電気シェーバーがオススメですが、カミソリや除毛剤などを使用してもOK。

次の章では、それぞれの処理方法におけるメリットとデメリットや、豆乳ローションについて解説していますのでご参考にしてみてくださいね。

処理方法別!メリットとデメリット

カミソリのメリットとデメリット

お風呂に入ったときに体を洗うついでにムダ毛処理できるという手軽さから、多くの女性が愛用している「カミソリ」。

ですが、カミソリは使い方や頻度によって必要以上に肌を傷めてしまうというデメリットがあります。

また、カミソリで処理した毛は断面が平面になってしまうため、次に生えてきたときにより濃く太く見えてしまうというデメリットも。

電気シェーバーのメリットとデメリット

あまり安すぎる製品はキレイに処理できなかったりすぐに壊れてしまったりするのでオススメできませんが、大手メーカーが販売しているような製品なら濃い毛でも充分対応可能。

お風呂の中では使えないためカミソリより不便というデメリットはあるものの、肌を痛める心配がなく気になったらすぐに処理できるというメリットがあります。

特に腕の毛や手の指の毛、顔のうぶ毛など人目につきやすく、こまめにキレイにしておきたい部位には電気シェーバーが最適です。

除毛剤のメリットとデメリット

除毛剤と一口に言っても、市場に出回っている製品にはクリーム・ローション・スプレーなど様々なタイプのものがありますし品質や値段もバラバラ。

塗って数分間待ってから洗い流すという使い勝手の良さから人気となっています。

選ぶ製品によってはデメリットが少ないものもありますが、毛を溶かして処理するため肌を傷める可能性が高く敏感肌や肌が荒れやすい方には向いていません。

ブラジリアンワックスのメリットとデメリット

ブラジリアンワックスは、元々VIOラインなどレーザーや光脱毛では難しい部位の脱毛を目的としたもので、根元からの処理が可能なためムダ毛のない状態が長持ちするのが特徴です。

使い方もとても簡単で、水あめのようなワックスを脱毛したい部位に塗り専用のペーパーをあてて一気に抜き取ります。

一瞬とはいえ、ガムテープを貼って剥がすような強い痛みがあることと、肌の弱い方だと赤くなる、腫れるといった剥がす際の刺激によるトラブルが出ることも。

豆乳ローションのメリットとデメリット

豆乳ローションはムダ毛を生えにくく細くすることを目的とした製品です。

お子さんでも使えるほど肌に優しく、大豆イソフラボンの作用で使い続けるうちに次第にムダ毛が目立たなくなっていきます。

ただし、即効性はありませんので毛が濃い場合はまずムダ毛を処理してからアフターケアに使用しましょう。

毛が濃い女性には大豆イソフラボン!

ここまで、毛が濃い女性に最適な処理方法をご紹介してきましたが、どうせならツルツルすべすべの状態を長くキープしたいですよね。

そこで、豆乳ローションをオススメしているわけですが、実はこの方法以外にも毎日のちょっとした心がけでキレイを長持ちさせることができます。

その方法はとっても簡単で、大豆イソフラボンを含んだ食品を毎日食べること。

近年、女性の男性化が進んでいて、男性ホルモンが活発になっている女性はヒゲが生えるなど毛が濃くなる傾向にあると言われています。

大豆製品には女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれているので、納豆やお豆腐、お味噌やきなこなどを毎日食べましょう。

目安としては、お豆腐なら1/2、納豆なら1パック程度です。

まとめ

体毛が濃いと好きな洋服も着られませんし、処理頻度も増えるため肌を傷めやすいですよね。

ですが、「電気シェーバー + 豆乳ローション」なら、他の処理方法よりも肌へのダメージが少なくツルツルすべすべの状態が長くキープできます。

デート前など時間がないときにこそ、是非この方法をお試しになってみてください。

ムダ毛が気にならなくなると服を選ぶ楽しみも増えますので、「どうせ毛が濃いから…」なんて諦めずにケアしていきましょうね。

関連記事

  • 毛深い女の脱毛ブログ ~自己処理でツルツルになった方法

  • 下の毛の処理はどこまでする?女性におすすめのアンダーヘアお手入れ方法